【TOTOトイレ製品交換専門店】

京葉水道サービス

TOTOトイレ(便器)タンク・ウォシュレットの取り替え工事のみ依頼

作業エリア:京葉道路、周辺地域

トイレ(便器)ウォシュレットの交換 お任せください!
ふるくなったトイレ 新しいフチなし形状の便器はお掃除カンタンです

お知らせ

TOTO ウォシュレット一体形便器+工事付き ウォシュレット壁リモコンタイプ

床排水芯200mmタイプは 現場も 床排水で 排水の位置が後ろの壁から200mmに排水管の中心が来ているお宅の場合にのみ、そのまま設置が可能です。
ネオレスト・GG・GG800は4色 (ZJ・ZRはホワイトグレー×

陶器カラー
TOTOトイレ工事パック ネオレスト
TOTOトイレ工事パック GG
TOTOトイレ工事パック GG-800
TOTOトイレ工事パック ZJ1・ZR1

TOTO 便器+タンク+便座の組合せ+工事付き ウォシュレットだけを取り外せるタイプ

床排水芯00mm~00mmと表示しているものは
排水管の表示mm範囲で調整できる製品です
※トイレは外観が同じに見える製品でも便器の中に同梱されてくる部品に違いがあります。
<200mmタイプ専用ソケット><可変式のアジャスター部品が入っているタイプ>と2種類の製品型番で分かれて標示しています。

QRとCFS370・371は4色(CFS366・367はホワイトグレー×

陶器カラー
TOTOトイレ工事パック CFS371A CFS370A
TOTOトイレ工事パック CFS367B
TOTOトイレ工事パック ピュアレストQR
TOTOトイレ工事パック ピュアレストQR

※このほかの製品はTOTO取り扱い製品一覧のリンクから閲覧できます
※確認したい製品機能の詳細は各<カタログページ>よりご覧になれます

【TOTOトイレ製品交換専門店】京葉水道サービス トイレのタンク・便器などの破損

※トイレ本体の破損・水漏れなどにより便器・タンクなどの交換工事をお急ぎのお客様
床排水仕様のトイレで、個人宅のお客さまのみ対応してます。
シリーズ名称:ピュアレストQR(便器とタンク)ホワイト#NW1またはアイボリー#SC1のみ当日工事可
当日の対応可能な便座はウォシュレットSBウォシュレットS1アプリコットF1ウォシュレットBV2ふつう便座のみとなります。

ちばの京葉道路周辺のエリアを主体とし 主にTOTO製のトイレ(便器)便座 ウォシュレット 一体形トイレなどの製品の取り付け、交換の工事を専門に請け負っております。お店で仕入れ施工まで行う通常の工事のほか、お客様ご自身でネット購入されたTOTO製のトイレ本体の取り付け依頼、ウォシュレットなど便座のみの交換もご依頼お待ちしております。

TOTOトイレ工事パック

サイトマップ

<標示の価格で お伺いできる地域 14エリア>

東京都 江戸川区

【千葉】
習志野市 船橋市 市川市 浦安市 四街道市 八千代市 佐倉市
千葉市 千葉市若葉区 千葉市稲毛区 千葉市美浜区
千葉市花見川区 千葉市中央区 千葉市緑区

ウォシュレット便座交換

便器交換

戸建ての洋式トイレ/便器交換
(床排水〇 壁排水〇)

集合住宅の洋式トイレ/便器交換
(床排水〇 壁排水×

ウォシュレットの取り付け交換方法

隅付きタンク式トイレ

隅付きタンク式のトイレ

平付きタンク式トイレ

平付きタンク式のトイレ

密結式タンク

密結式タンク

ウォシュレット一体形

ウォシュレット一体形

タンクが木製のBOXで覆われているタイプ(レストパル)は止水栓との接続が通常のナットと違う場合があります。
それと通常のホースの長さでは交換できないこともあります接続形状が違うとは、画像のようなことです。
ホームセンターでも売られているものは止水栓や分岐金具に取り付けるため回転するナットになっています。

レストパルの場合
接続が差し込みの場合はトイレ本体のレストパル用の型番があるのであらかじめメーカーに来てもらうか、お店の方に来て確認してもらうかしないと取り付けできないものもあるので注意が必要です

レストパルなどの本体型番については、年代などで型番のシールが貼られている場所に違いがあります。

団地などでありますが 密結式タンクのトイレですが、古いウォシュレットがまだ存在しない時代の便器には設置ができないことがあります。
取り付け穴からすぐ後ろにあるタンク陶器に便座の背中側が当たってしまい固定できません。
画像のように取り付け穴から背面まで50mm以上 65mm以上と スペースが必用です。

隅付きタンク式トイレ
カドにタンクが設置されていて、洗浄管でタンクと便器が接続されているものです。

平付きタンク式トイレ
隅付きタンク式と似てますが便器の真後ろで壁に固定されて洗浄管で便器に接続しているもの

止水栓の位置によっては通常の同梱されている給水ホースでは短すぎて延長のホースが必要な場合もあります。
また、このタイプは年数が経過していますので、給水部を止めたりすると錆でつまって水のでが弱くなることもあり便座といっしょに必要なパーツを交換したほうが安全に使用できます

トイレタンクのひだり側にあるのが止水栓です いま止水栓についている分岐金具を外して、あたらしく購入したウォシュレットに同梱されてくる分岐金具を設置します
止水栓はだいたいはタンクのひだり側にありますが ひだり側の床面、タンクのみぎ側の壁 またはタンクみぎ側の床に設置されています 画像と見比べてだいたい同じ位置にあれば特に問題なく、交換はできます。

しかし
止水栓本体が無く、直接管に接続してあったり止水栓を操作するドライバーを差し込む部分をはずして分岐金具をつけるタイプがついている場合は、別途部品が必用になると思います

トイレの止水栓を分解するとこんな感じです。
マイナスドライバー式のスピンドルを外してしまって分岐金具をつけている場合は、現行品に交換する際 また同じものを差し込んで置かないといけません。

外した場合は水栓グリスを添付したり、付属パッキン類を交換したほうが安全です。
止水栓は、マイナスドライバーで回せることができるものと、ハンドル式のものがあります。

トイレ本体の付近に壁がせり出している状況や、おもに集合住宅の場合など排水管などが接近していることもあり、現場によっては、サイズなど確認しながら製品の選定がひつようなこともあります。

ウォシュレットの交換自体は簡単な現場もあれば そうではない現場もたくさんあります。
トイレの種類や、便器にちかいところに壁があったり団地のように縦管(排水管)がすぐそばにあったりすると、あたらしい製品と操作パネルなど接触しないかなども気をつけなければ購入した製品が無駄になってしまいます。
 購入するまえに自宅のトイレの写真をお見せの方にみせたり 購入予定の店舗へ相談したりしたほうが良いとおもいます。
画像なしで、型番だけでお問合せ戴くばあいもあるのですが すべての現場がおなじ状況ではないと思いますので、現場の状況が見えないと お電話で答えられる範囲は限られます。

ウォシュレットの交換とは簡単に見えますがいろいろ気を付けることはあるものです。

ウォシュレットの交換で、シートタイプとタンクを一体になっているタイプもあります。

ウォシュレット一体形トイレの ウォシュレット交換
便器をのこして 上半分を交換する作業です タンク部分でもあります。

ウォシュレットの交換時期は、メーカーで10年としています。
とはいっても12年~15年くらいは使えると思いますが 一体形はウォシュレットだけで交換できない!などと言われたこともありますが、トイレはウォシュレットだけが交換パーツではないですし、だいたい同じ時期にタンクの内部部品、レバー部と連結している排水弁 排水ユニット それから給水を止めたりあけたりするボールタップ部 もおなじ時期に劣化してきます。 最近の内部は可動部が複雑になってきています 専用パーツがほとんどで流用などできないと思います。

ホームセンターで売られているものは20年くらいまえの古いタンクに対してのパーツですし、むかしの製品ほど部品自体の寿命は長くはもたない と感じています。
たしかに一体形はウォシュレットだけでは交換できませんが ウォシュレットといっしょに大事な給水部排水弁部なども交換できるので、ほかを気にしなくてもよいのが利点と思っています。
現状のものがフチなし形状の便器であれば 便器の加工をなるべく傷めないように 酸性やアルカリ性の洗剤をさけて 中性の洗剤をえらんで使用していればツルツル感をたもつとおもいますので 機能部の交換だけで十分とおもいます。

かんたんトイレ本体製品の選定

トイレ交換で調べることは基本2つ。

給水管の位置?

・画像のひだりは給水管が床から来てタンクに接続されています。給水管のつけねの部分が腐蝕していないか、確認が必要です。
・画像は、タンクの右側が壁でギリギリです。レバー部がギリギリですので

タンクの横幅に注意して製品ての選定が必要です。
・右の画像。タンク背面の棚にぶつかりそう。現状の製品ではギリギリデッパリにぶつかっていませんが

あたらしい製品が全く同じ寸法ではありませんので余分な工事が発生しないように選定します。

あたらしい便器を設置しても当たらないかに注意して図面と照らし合わせて選定します。

①便器に貼ってある型番シールを見る

便器正面から、(しゃがんで)左側面か、右側面にはってあるシールが便器の型番です。

下記の画像で

CS品番はTOTOです。

BC品番はINAXです。

CH品番はパナソニックです。

画像のようにCZ BC C CS GBC このシールが貼ってあります。

松下電工の場合はCH

この型番をもとに図面をだしてあたらしい製品と比較して大きさなど使用上問題なく設置ができるか、

また、内装がはいらない場合など設置痕などの出具合などを確認しています。
現状の排水の位置も図面をだしていますのでこれでわかります。

これにより、メールでもトイレ交換においては見積りの概算は出せます。

この型番がない場合は現地での確認がひつようになります。

 

見積りの時点で 便器を外して排水位置を測ることはまずしません。
一部の現場を除きますが毎回、型番でお調べしています。


③外観を見ることでわかること 比較的まだあたらしいトイレの場合 戸建など(築15年・・・17年くらい)
はじめてリフォームする場合ですが床排水芯200mmのものがおおいです

うしろ壁とタンク背面の間にすき間がある?◎ 排水芯200mmの場合は立ち上がりの排水管位置で再設置の状況がある程度わかりますので タンクのうしろ部分の一番狭いヵ所、スペースの無いヵ所で測ります。

現場のトイレがTOTOで、200芯便器、Zシリーズなど一体型かネオレストの場合は通常11ミリ空いてます。
組合せ便器の場合は20mm空いていると床の排水管の位置は後ろ壁から200mmです。
一番狭いヵ所が背面が20mm以上あいている場合は問題なく交換可能です。

排水芯200mmタイプの便器が設置されていて、タンクの背面にすき間が無い・・ほぼ無い場合。

タンクが床排水管がズレていないかこのように確認してます。
標準施工で20mmのスキ間がでるハズの製品の場合は、床下からの排水立ち上がりの芯が180mmの可能性があります。

トイレ施工例

水栓施工例

修理・メンテナンス施工例

ブログ

施工エリア

【都内】
江戸川区

【千葉】
習志野市船橋市市川市浦安市四街道市八千代市佐倉市
千葉市千葉市若葉区千葉市稲毛区千葉市美浜区
千葉市花見川区千葉市中央区千葉市緑区
※市区から外れている/隣接地の場合はお問合せください

京葉水道サービス

〒262-0044
千葉県千葉市花見川区長作234-2

電話:043-301-5118
FAX:043-301-5119